品質管理:ISO22000ヤマエ食品はISO取得企業です。

ヤマエのこだわり

ヤマエは、ISOを2009年に取得しております。

皆様のご愛顧により、150年弱という長い歴史を持つまでに会社を守り続けることができています。
ヤマエは水にこだわり、生揚げ醤油にこだわり、開発力にこだわっています。
また、他社がまだ国際規格ISOの必要性を感じる前から、食の安全性を重視し、2009年にISO22000を認証取得し、はや10年間安心・安全をモットーにお客様に商品をお届けしております。
安全性はもちろんのこと、新商品を開発する上で醤油JAS認定も出せるノウハウもございます。
これからも新しいものをどんどん取り入れお客様に美味しい味噌・醤油をお届けしたいと思っております。

本ページは当社がISO取得したことによって、商品の購入を考えておられるお客様や、調味料開発を考えていらっしゃるお客様、にとってどのようなメリットがあるのか。ということお伝えいたします。

ISOとは何か、食品会社には必要な規格です。

ISO22000:2005

国際規格ISO22000というのは、食品業界においては今やとても有名な規格となっております。
簡単に言いますと、これをとっている企業は、食品加工をする時に食の安全に気をつけていることを、世界基準で確認されました!というものです。

少しだけ詳しくお伝えしますとISO22000とは
食品安全マネジメントシステムに関する企業に対し、要求事項を記した国際標準規格のことを言います。
この規格は、消費者に安心・安全な食品を届けることを目的にしています。
食品の安全を脅かすさまざまな危害に対して、適切に管理を行う仕組みを保証するための要求に全てクリアした時に認証されます。

ISO22000を取得することで、お客様にはこのようなメリットがあります!

  • 現場環境が改善され、お客様の食の安心を保証します。
  • お客様の取引の機会を拡大するお手伝いができるようになります。

現場環境が改善され、お客様の食の安心を保証します。

ISO22000を取得するには多くの過程があります
ISO22000には100個以上の要求事項が記載されているので、その要項に沿ったルールの作成をする必要があります。
ISO22000の目的をしっかりと理解し、管理手順書とマニュアルなどを作成していきます。
そのマニュアルをもとに、当社従業員が運用し、
それらが機能しているか審査を受けます。

自社が作成した食品安全マネジメントシステムがきちんと行使されていると認められれば、ISO22000の取得が可能となります。

結果的に
現場の従業員の衛生管理面、安全に対する意識の向上が見られるようになりました。
今後とも社員一どう身を引き締めて、安全安心に味噌醤油をお届けできるように、改善改善を続けてまいります。

安全に、さらに水や生揚げ醤油に拘った、ヤマエの醤油はいかがでしょうか?

お客様の取引の機会を拡大するお手伝いができます。

ISO22000は国際的な規格です。
海外と取引を行う場合、日本と海外では食品の関する法律などに誤差があり、取引が困難な場合があります。
そこで、ISO22000という共通の企画にクリアしていれば、安心してくださる海外の企業さんは多いです。
そもそも取引要件として提示している海外の企業様もが多いです。

もしお客様の中で、自社商品を海外に輸出したい!
と考えられているお客様は、
海外に輸出する準備のためや、安全の確認のため、輸出という観点からも、ヤマエ食品工業株式会社をご利用いただければ幸いです。
調味料のプロに、全世界から安心してもらえるような商品開発をお任せください。