冷やしおでん
(高千穂峡白だし)

なかなか食欲の出ない夏でも、野菜をたっぷり食べられる冷やしおでん

おでんといえば冬ですが、夏でも美味しくたべられる冷やしおでんのレシピです。
あっさりとした味付けで、夏バテでもさらっと食べられてしまいます。
夏野菜が旬な時期に是非作ってみてくださいね。

材料 3~4人前

  • 高千穂峡白だし   100cc
  • 水         5カップ(1000㏄)
  • 豚ロース肉     300g
  • 塩         適量
  • 酒         適量
  • 片栗粉       適量
  • なす        2本
  • トマト       3~4個
  • オクラ       6本
  • とうもろこし    1本
  • 厚揚げ       1枚
  • 糸こんにゃく    100g
  • 揚げ油       適量
  • からし、大葉など  お好みで

作り方

  1. トマトはヘタを取り、熱湯で30秒茹でたら氷水に入れ、皮をむく。オクラはがくを取って板ずりをし、さっとゆでる。とうもろこしは薄皮を付けたまま7~8分茹で、火を止めて10分おく。厚揚げは熱湯をかけて油抜きをし、食べやすい大きさに切る。糸こんにゃくも下茹でをする。豚ロース肉は表面に片栗粉をふり、沸騰したお湯に塩と酒を入れてさっと茹でる。
  2. なすは厚めの輪切りにして、火の通りをよくするためにフォークで穴を開ける。フライパンに多めの油を入れて、茄子を並べてじっくり揚げ焼きにしたら取り出す。
  3. 鍋にお湯を沸かし、2の茄子を3分茹でて油抜きをする。ザルにあげたら更に油を絞る。
  4. 鍋に水と高千穂峡白だしを入れて火にかけ、沸騰したら厚揚げ・糸こんにゃく・なすを加えて5分煮る。バットに1のオクラ・とうもろこし・トマト・豚肉を並べて煮汁をかけて置く。粗熱が取れたら鍋とバットを冷蔵庫に入れて数時間放置する。
  5. 器によそい、煮汁をかけたら完成。

レシピに使用した商品です。

画像をクリックすると商品情報に移動できます。

高千穂峡 白だし