参鶏湯風スープ
(高千穂峡つゆ)

手軽に作れる、身体にやさしい参鶏湯風スープ

本来なら鶏を丸ごと煮て作る参鶏湯も、手羽先を使えば香味野菜などの材料と水、そして高千穂峡つゆと煮込むだけで手軽に作れてしまいます。
お餅も入れて煮込むのでとろっとろのスープになり、一口食べれば身体もぽかぽかしてくるはず。
お夜食や風邪をひいている時、胃腸を少し休めたいときなどに是非どうぞ。

材料 2人前

  • 手羽先    4個
  • 白ねぎ    1/2本
  • にんにく   1片
  • しょうが   10g
  • 切り餅    1個
  • ナツメ    お好みで
  • 高千穂峡つゆ 100ml
  • 水      500ml
  • クコの実   お好みで
  • 松の実    お好みで
  • 糸唐辛子   お好みで

作り方

  1. 手羽先は水気をふく。白ねぎは一部を白髪ねぎにして、残りは薄切りにする。にんにくと生姜も皮をむき、薄切りにする。切り餅は1㎝角に切る。
  2. 鍋に手羽先・白ねぎ・にんにく・生姜・切り餅・ナツメ・高千穂峡つゆ・水を入れて、火にかける。沸騰したら20分煮込む。
  3. クコの実・松の実入れて、塩(分量外)で味を整える。
  4. 器によそい、白髪ねぎと糸唐辛子をのせたら完成。

レシピに使用した商品です。