松風焼き
(高千穂峡白だし)

「裏表のない生き方を」と願いの込められた一品です

お節やオードブルなどでも喜ばれる松風焼き。
表面はけしの実などで飾られ美しい反面、裏はシンプルであることから「裏には何もない、隠し事が無く正直な生き方を」と願いを込められた料理だと言われています。(諸説あります)
高千穂峡白だしを使えば、出汁の旨みのきいたふっくら松風焼きを楽しめます。

材料 2人前

  • 鶏ひき肉     200g
  • 玉ねぎ      50g
  • 砂糖       小さじ2
  • 味噌       大さじ1
  • 高千穂峡白だし  大さじ1
  • おろし生姜    小さじ1/2
  • 卵        30g
  • パン粉      大さじ2
  • 青のり               適量
  • けしの実           適量

作り方

  1. フードプロセッサーに鶏ひき肉・玉ねぎ・砂糖・味噌・高千穂峡白だし・おろし生姜・卵・パン粉をいれて混ぜる。(フードプロセッサーが無い場合は玉ねぎをみじん切りにし、手で混ぜても可)
  2. 耐熱の型にオーブンシートを敷き、1を平らに広げる。(今回は15cm×8cmのものを使用したが、厚みが2cmくらいになるものであればよい)
  3. 予熱した200度のオーブンで10分焼く。
  4. オーブンから取り出し、アルミをかけて余熱で5分蒸らす。
  5. 熱いうちに青のりとけしの実をのせ、粗熱が取れてからカットし完成。

レシピに使用した商品です。

画像をクリックすると商品情報に移動できます。