水餃子
(宮崎辛みそ)

外はつるっと中はシャキシャキ、食感が楽しい水餃子。

餃子は焼くより、茹でた方が美味しい!?と声が上がるくらい、つるつる食感の水餃子はとても食べやすいです。
このレシピを1つマスターしてしまえば暑い夏は氷水につけてつるっと、寒い冬はお鍋に入れてアツアツとろとろに、年中通して人気の定番メニューになること間違いなし!
宮崎辛みそを使った手作りピリ辛タレが絶妙に合い、箸が止まりません。

材料 20個分

  • 鶏ひき肉      100g
  • 小えび       50g
  • きゅうり      70g
  • 長芋        30g
  • 生姜        10g
  • 餃子の皮      20枚

    - 餃子の調味料 -
  • 片栗粉       大さじ1
  • 塩         小さじ1/3
  • 砂糖        小さじ1
  • ごま油       小さじ1

    - タレの材料 -
  • 白葱(みじん切り)   40g
  • 酢         大さじ1
  • 醤油        大さじ1
  • 砂糖        大さじ1
  • 宮崎辛みそ     小さじ1~
  • すりごま      大さじ1
  • ごま油       大さじ2

作り方

  1. 小えび・きゅうり・長芋・生姜をみじん切りにする。
  2. ボウルに鶏ひき肉・1・餃子の調味料を入れてよく混ぜる。
  3. 2を餃子の皮で包む。
  4. 沸騰したお湯で3を5分茹で、氷水に取り出す。
  5. タレの材料を耐熱容器に入れて500Wのレンジで30秒加熱する。
  6. 水気を切った餃子を器に盛り、5をかけたら完成。

レシピに使用した商品です。

画像をクリックすると商品情報に移動できます。