牡蠣の米粉グラタン
(高千穂峡白だし)

亜鉛が豊富な牡蠣をホワイトソースで包み込んだ、栄養満点グラタン。

ダマになりにくいという米粉の性質を生かして、失敗しがちなホワイトソースを簡単にしました。
ご家庭で牛乳が余ってしまったときはこのホワイトソースの出番!
1回分ずつ小分けにして冷凍保存しておけば、使いたいとき使いたいだけ解凍できるのでとても便利です。
(保存期間は約2週間程度です。豆乳で作った場合は冷凍には不向きです。)
グラタン以外にもドリアやクリームパスタ、シチューなどに応用も可能ですのでぜひお試しください。

材料 2~3人前

  • 牡蠣            120g
  • ほうれん草         30g
  • 玉ねぎ           30g
  • 油             少々
  • 米粉            大さじ2
  • 牛乳            200cc
  • 高千穂峡白だし       大さじ1/2
  • 塩             適量
  • コショウ          適量
  • チーズ、パン粉、パセリ   お好みで

作り方

  1. 生牡蠣をザルにいれて、食塩水につけながら振り洗いする。水気をしっかり拭き取る。
  2. ほうれん草は根元を切り落とし、長さ4cmに切る。玉ネギは縦薄切りにする。
  3. フライパンで油を熱し、生牡蠣の両面を焼いて一旦取り出す。
  4. 同じフライパンで玉ねぎを炒め、しんなりしたらほうれん草を加えて炒め合わせる。
  5. 火をつけていない状態で鍋に米粉・牛乳・高千穂峡白だしを入れ、泡立て器でよく混ぜる。 粉が見えなくなるまでしっかりと混ざったら鍋を火にかけ、混ぜながら強火で煮詰める。ふつふつと沸いてとろみが出てきたら火を弱め、塩とコショウで味をつければホワイトソースの完成。
  6. グラタン皿に5のホワイトソースを入れ、牡蠣・玉ねぎ・ほうれん草を入れたらソースを上からかける。チーズとパン粉をのせて200℃に予熱したオーブンで10分焼く。最後にパセリをのせて完成。

ポイント

  • 米粉と牛乳は火にかける前に泡だて器でよく混ぜる。
  • ホワイトソースを煮詰める目安は、へらで線を引いたときにソースがほとんど戻ってこないくらいまで煮詰める。
  • もしダマになってしまったらザルでこす。
  • チーズに塩分が含まれているので、ソースの味を調える際は塩を控えめに加える。

レシピに使用した商品です。

画像をクリックすると商品情報に移動できます。

高千穂峡 白だし