鮭と秋野菜のかわりグラタン
(高千穂峡白だし)

ホワイトソースを長いもで作る、ヘルシーな鮭と秋野菜のかわりグラタン。

寒くなってくるといろいろな食材が美味しくなって参りますが、大気の乾燥も進み、風邪や肌荒れに気を付けたい季節でもありますよね。
今回はそんな季節に持って来いの、栄養満点!鮭と秋野菜を使ったグラタンのレシピです。
長芋のネバネバは胃の粘膜を保護して消化を助けてくれますし、すりおろしてホワイトソースの代わりすれば口当たりふわっと、よりヘルシーに仕上がります。
このレシピでは高千穂峡白だしを使っていますが、味噌で作ればもっと和風に、味噌とマヨネーズで作ればお子様向けの味にアレンジも可能です。

材料 2~3人前

  • 生鮭       200g
  • 塩こしょう    適量
  • オリーブオイル  大さじ1~
  • にんにく     1片
  • 蓮根       80g
  • ブロッコリー   100g
  • 長芋       200g 
  • 高千穂峡白だし  大さじ1
  • チーズ      お好みで
  • パセリ      お好みで

作り方

  1. 蓮根は皮をむき、薄いいちょう切りにする。ブロッコリーは小房にわける。にんにくは潰す。
  2. フライパンにオリーブ油をしいてにんにくを入れたら火をつけ、香りが立ってきたら蓮根とブロッコリーを炒めて塩こしょうをする。
    水大さじ1(分量外)を加え蓋をしめ、3分~4分蒸し焼きにしたら一度取り出す。
  3. 鮭の骨を抜き、一口大に切ったら塩こしょうと小麦粉をまぶし、フライパンで焼いて表面に焼き色をつける。
  4. 長芋をすりおろし、高千穂峡白だしを混ぜる。
  5. グラタン皿に2と3を並べて4をかけ、チーズをのせたら予熱で温めたオーブンで焼く。(220℃10分~)
  6. 細かく刻んだパセリを散らしたら完成。

レシピに使用した商品です。

画像をクリックすると商品情報に移動できます。

高千穂峡 白だし