鯉のぼりいなり寿司
(お酢のある生活 日向夏)

端午の節句といえば鯉のぼり!作って楽しい・食べて美味しい・見た目もかわいい鯉のぼりいなり寿司。

⼦どもも⼤⼈も⼤好きないなり寿司を⾒た⽬がかわいい鯉のぼりにしてみました。
高千穂峡⽩だしを使えば、⼿軽にお出汁のきいた美味しい味付きいなりを作ることが出来ます。
トッピングをいろいろアレンジして、お好みのカラーの鯉のぼり寿司を作ってみて下さいね。

材料 16個分

  • 油揚げ            8枚

    ― 調味料 ―
  • ⽔              200ml
  • ⾼千穂峡⽩だし        ⼤さじ1
  • きび砂糖           ⼤さじ1
  • ざらめ            ⼤さじ1
  • みりん            ⼤さじ1
  • 丸⼤⾖⾦醤          ⼤さじ2

    ― 酢飯 ―
  • ご飯             1.5合
  • お酢のある⽣活(⽇向夏)     60〜80ml
  • 炒りごま           ⼤さじ1
  • アスパラ           1本
  • いくら            30g
  • コーン            ⼤さじ1
  • チーズかまぼこ        1枚
  • 海苔             1/4枚

作り方

  1. 油揚げをザルに並べ、お湯をかけて油抜きをする。鍋に調味料と油揚げを入れ落し蓋をし、火にかけて沸騰したら弱火で15分煮る。
  2. 熱々のご飯にお酢のある生活(日向夏)を混ぜ、ごまを振り入れる。
  3. 汁気を絞って半分に切った1の油揚げに2を30g~40gずつ詰める。
  4. 寿司飯を上にして、上に茹でてスライスしたアスパラ・いくら・コーンを乗せ、チーズかまぼこと海苔で作った目をのせたら完成。

レシピに使用した商品

画像をクリックすると商品情報に移動できます。

お酢のある生活 日向夏

ご購入はこちらから

シェアする フォローする