胡麻スープ水餃子
(高千穂峡つゆ)

見た目も鮮やかな、食欲をそそるピリ辛食べるスープ。

いつもの餃子も少し工夫するだけで特別な一品になります。
高千穂峡つゆを使えば出汁を取ることも、中華の素をわざわざ買うこともなく簡単に旨みのあるスープが完成するのでおすすめです。
ひき肉と中華麺でアレンジして豆乳担担麺や、野菜をたっぷり加えて豆乳鍋にしてみても美味しく召し上がれるかと思います。
辛さと味により深みを持たせたい場合は弊社の宮崎辛みそをお試ください!

材料 4人前

餃子
・餃子の皮    20~25枚
・豚ひき肉    150g
・キャベツ    120g
・白ねぎ     60g
・ニラ      60g
・生姜      10g
・塩       小さじ1
・砂糖      小さじ1
・酒       大さじ1
・ごま油     大さじ1

胡麻スープ
・練りごま    大さじ2
・味噌      大さじ1
・高千穂峡つゆ  100cc
・水       100cc
・牛乳or豆乳   100cc

トッピング
・糸唐辛子    お好みで
・カイワレ大根  お好みで
・ラー油     お好みで


作り方

  1. キャベツ・白ねぎ・ニラ・生姜はみじん切りにする。キャベツに塩(分量外)をまぶし、水気が出たら絞る。
  2. ボウルに豚ひき肉と塩を入れてよく混ぜる。 粘り気がでてきたら砂糖・酒・ごま油を加え、さらに混ぜる。
  3. 2に1を入れてよく混ぜる。ラップをし、30分くらい冷蔵庫でねかせる。
  4. 胡麻スープの材料をよく混ぜ、鍋で沸騰する手前まで温める。
  5. 30分ねかせた3を具が出てこないようにしっかりと餃子の皮で包む。餃子の皮が乾燥しないようラップをする。
  6. お湯が沸騰したら5を3~4分くらい茹でる。4を温め直す。
  7. 茹で上がった餃子を器に入れて胡麻スープをかけ、糸唐辛子とカイワレ大根をのせたらラー油をかけて完成。

ポイント

  1. キャベツは芯を取り除くと口当たりがよくなる。
  2. ひき肉をこねるときは塩を入れて手でよくこねること、野菜を入れる前に肉だけでよくこねること。粘り気が出るのでジューシーになる。
  3. 餃子の皮は常温に戻しておくと包みやすい。
  4. 餃子に隙間があると肉汁が出てしまったり、中に水が入ってしまって水っぽくなってしまったりするため、皮同士をしっかりとくっつけること。

レシピに使用した商品です。