高野豆腐の海老しんじょ
(高千穂峡白だし)

食感ふわふわお出汁はしみしみ、でも食べ応えはしっかりとある高野豆腐の海老しんじょ。

高野豆腐は乾物の中でも食べ応えがありヘルシーで、栄養価も高く嬉しい食材です。
海老などでつみれを作って中に詰めれば、じゅわっと出汁が染みだす本格的な和食の一品となります。お好みで三つ葉を飾ればより香り豊かに、上品な味になりますのでお試しください。

材料 2~3人前

  • 高野豆腐       4枚(7㎝×6㎝角)
  • 小海老        100g
  • はんぺん       60g
  • 椎茸         1個
  • すりおろし生姜    小さじ1/2
  • 酒          小さじ1
  • 片栗粉        大さじ1
  • 高千穂峡白だし    大さじ2
  • 水          500ml

作り方

  1. 椎茸はみじん切りにする。小海老は背ワタをとり、細かくみじん切りにする。
  2. 高野豆腐は水で戻して水気を絞り、半分に切ったあと切込みを入れて袋状にする。
  3. すり鉢にはんぺんを入れてなめらかになるまでする。すりおろし生姜・酒・片栗粉を入れて混ぜ、ひと固まりになったら1を加えて更によく混ぜる。高野豆腐に詰める。
  4. 鍋に水と高千穂峡白だしを入れて3を並べ、弱火で6分以上煮る。味が染みたら完成。

レシピに使用した商品

画像をクリックすると商品情報に移動できます。

ご購入はこちらから

シェアする フォローする