生揚醤油へのこだわり

ヤマエのこだわり

ヤマエは昔から生揚げ醤油にこだわってます。

ヤマエ食品工業株式会社は創業150年弱の歴史を持っています。水にこだわり、開発力にこだわって、さらに生揚げ醤油にこだわって全て自社生産しています。
当ページでは生揚げ醤油のこだわりについてご紹介いたします。

こだわった生揚げ醤油から作られた、様々な調味料を是非ご賞味いただけたら幸いです。

ヤマエ食品工業株式会社は調味料の開発の歴史は40年以上あり、そのノウハウの蓄積は全ての商品に生かされています。
また、他社がまだ国際規格ISOの必要性を感じる前から、安全性の大切さを重視し、2003年にISO9001&HACCP:2003を同時認証取得し、更に2009年にISO22000認証取得しております。
安全性はもちろんのこと、新商品を開発する上で醤油JAS認定も出せるノウハウもございます。

生揚げ醤油とは

そもそも生揚げ醤油とはなんでしょうか?
それは、諸味を絞った、新鮮な醤油で、火を入れる前の醤油のことを指します。
おおまかに、醤油というのは
麹→諸味→生揚げ→醤油という段階をへて加工されていきます。
生揚げ醤油には発酵を手伝ってくれた微生物がまだまだたくさん含まれており
火入れをしないとどんどん発酵が促進されてしまいます。
そのままボトルに入れておくと破裂してしまうこともあるのだとか!

生揚げ醤油は一般商品としては流通はしておりません。
醤油メーカー間や加工品メーカー間で取引が行われたりして
醤油やその他調味料に加工されます。

ヤマエ食品工業株式会社は他社から生揚げ醤油を買い入れることなく
自前で全て生産加工しております。
細かい調整をするためにも、
自社で開発することがとても大切なことであると考えております。



醤油を仕入れたいお客様はこちらからお問い合わせください!

生揚げ醤油をどのように加工したいですか?

生揚げ醤油は全ての醤油を使った液体調味料の元です。
ここに火入れをすると、お醤油になります。
火を入れは、醤油としての香や、色にも多大な効果があります。
出来上がって直ぐの新鮮な醤油は、とても透き通ってきれいな赤橙色をしているのですよ!

その醤油がつゆになったり、だしになったり、ぽん酢になったりします!

調味料開発においても、生揚げ醤油はとても大切です!
ほとんどの液体調味料の元は醤油です。
その生揚げ醤油の製造からしているヤマエ食品工業株式会社に商品開発をご依頼いただけたら
より細かく調整がすることができコストを幾分か抑えることが可能です!

美味しい生揚げ醤油から作られる新しい調味料を開発されたい方はこちらからお問い合わせください。