江夏醤油

知る・楽しむ

江夏醤油とは

江夏醤油はヤマエが醤油のこだわりを詰め込んだヤマエ史上最高の醤油です。

原料のこだわり

江夏醤油の原料は大豆、小麦、塩、水すべての原料にこだわった醤油です。

原料大豆、小麦、塩はすべて国産にこだわりました。国産にこだわった理由は原料の良し悪しが肌感覚的にわかること。

同じ産地の物でも季節、年により大きく変わってしまうものだからこそ国内産にこだわりました。

大豆は丸大豆

通常の醤油は大豆の油を搾った脱脂加工大豆を使用します。その理由は、醤油製造にとって油が無い方が一連の醸造が速やかに行われるからです。

江夏醤油は丸大豆を使用することで大豆油から醸造過程でえられる香りとうまみからまろやかさを生むことが出来ました。その分、醸造過程には時間がかかり通常のこいくち醤油の2倍の熟成時間がかかります。

水へのこだわり

弊社が位置します都城は、火山の霧島連山のふもとに位置します、その大地は火山岩の層と火山灰の層が幾重にも重なりあい天然の濾過装置の様になっており、都城盆地に降り注いだ雨は硬い岩盤1mしみこむのに1年かかるといわれます。

弊社は地下約130mより大地によって濾過された清らかなおいしい水をくみ上げて使用しております。

都城には弊社以外にも同じ醸造会社があり、水、空気、気候が醸造に適した環境にあります。

美味しい水で作った醤油は澄んで切れがある醤油になります。

製法のこだわり

江夏醤油は丸大豆を使用しております。

丸大豆原料?

近代の醤油醸造には大豆に含まれる脂分は醸造効率が落ちる為に、初めから取り除いた脱脂加工大豆を使用します。

江夏醤油は原点に返り、丸大豆を使用しております。実際に仕込んだ後に驚かされたのが、油分の効果についてでした。大豆の脂由来の香り、まろやかさが備わった上品な醤油が出来上がったのです。

もちろん通常の醤油よりも醸造のスピードは遅く、分解率も低いために通常よりも多くの原料を使っております。時間も原料も手間もかかる醤油ですが、そこから生まれるうまみは、お客様からだしを入れているのでは?とお声をいただいたこともあるくらい風合いの豊かな醤油になっております。

そんな江夏醤油は手間暇かけて作られた、いろいろ詰め込まれたヤマエの自身作の醤油ですので、若干他の醤油よりかは単価は高いですが、その価値、それ以上の醤油ですので是非お試しいただければ幸いでございます。