ぽん酢が決め手!鳥皮ぽん酢にはヤマエのぽん酢!

知る・楽しむ 開発事例

おうち時間のおともに様々な一品をつくられている方も多いのではないでしょうか?おつまみは安く、早く、おいしくつくるのが条件ですが、その条件に叶う一品に鳥皮ぽん酢があります。プルっとしたもの、カリカリのもの、パリッとしたもの、いろんな食感で楽しまれている鳥皮。そんな鳥皮にしゅんでいく香り豊かなぽん酢が食欲をそそりますよね。
ここで朗報!鳥皮ポン酢に最適な弊社のおすすめのポン酢をご紹介したいと思います。

鳥皮をおいしく

鳥皮は鳥の部位の中でもカロリーが高く、ジューシーな反面、あぶらが多く独特なくさみもあるため、おいしく食べるにはコツが要ります。
鳥皮のあぶらの下処理は、余分なあぶらをこしとって、3分ほど茹でることで大体は落ち着きますが、くさみは完全には消えません。ここにぽん酢のさわやかな香りと酸味が加わることで一気に絶品へと変貌します。

ヤマエのぽん酢はここが違う!

弊社のぽん酢は黒糖、黒酢、ゆず、無臭加工したニンニクといった原料にこだわりぬいています。もちろん国産で、宮崎県産の日向夏や平兵衛酢(へべす)、鹿児島県産のゆず果汁、福山黒酢、奄美産の純黒糖といった地域の特産品を贅沢に使用しています。
さらに自社製造の丸大豆醤油と厳選した昆布エキス、かつおエキスを使用することで素材の良さを最大限まで生かしたぽん酢に仕上げることができています。ちなみに丸大豆醤油とは油分を絞る前の大豆を使用することで、醸造の時間は通常の醤油より長くかかりますが、まろやかな旨味と香りが特徴の醤油です。この醤油とだしエキスを使用することで、こだわりの原料の特徴を最大限活かしつつ、さわやかな香りと酸味のアクセント、コクのあるぽん酢をつくることができるのです! このぽん酢があれば鳥皮のしつこいあぶらやくさみを気にせずおいしく召し上がることができます!

バリエーション豊かなぽん酢!

気分に合わせて、ぽん酢が選べるのも嬉しいポイント!
日向夏ぽん酢であれば、さわやかな風味の鳥皮ぽん酢に仕上げることができ子供から大人まで楽しめる味わいになります。
薩摩ぽん酢を使えば、南九州独特の甘味を含むことでよりまろやかな味わいになり、食通の方も納得の上品な味わいが楽しめます。
ガッツにんにくぽん酢で仕上げれば、お酒に合うこと間違いなしのおいしいおつまみに!無臭加工にんにくだから次の日のにおいを気にせずガツガツ食べられます!

日向夏ポン酢

宮崎県原産の柑橘類『日向夏』は、1821年に宮崎市の真方安太郎の邸内で自生しているのが発見 されたと言われる柑橘で、控えな甘さ、さわやかな酸味と香りが特長です。 宮崎県産の日向夏と平兵衛酢(へべす)、そして、九州産ゆずの生しぼり果汁を使い、丸大豆醤 油・かつおだし・昆布だしで味を整えたぽん酢しょうゆは、鍋物、湯豆腐、焼き魚、和風サラダ、 酢の物、ぎょうざ、鉄板焼き等いろいろな料理にご利用いただけます。

薩摩ポン酢

薩摩ぽん酢は鹿児島のこだわりの材料を使った甘口のぽん酢です。 爽やかな柚子果汁の香り、福山黒酢のうまみ、奄美の純黒糖の甘さとコクが魅力のぽん酢です。 しゃぶしゃぶやサラダなど甘さがベストマッチで、ぽん酢のカテゴリーの中で甘さに焦点を置い た希少な商品です。自信を持っておすすめできる商品です。

がっつりニンニクポン酢

無臭化加工した国産にんにくを使用し、本醸造醤油をベースにかつおと昆布で味を調えたぽん酢です。九州県産ゆず果汁と宮崎県産平兵衛酢果汁のさわやかな酸味がアクセントになっております。ハン バーグ、ステーキなど肉料理に良く合うぽん酢です。