醤油が決め手!照り焼きソースのヒミツ!

開発事例

ヤマエ食品工業株式会社は皆様のご愛好により150年弱の長い歴史を持つに至りました。ISO22000も取得しており、安心安全の環境下で醤油・味噌をはじめとしてこれまで数多くの硏究・開発を行なってきました。長年みなさまに弊社の商品をご堪能いただいております。さまざまな料理・調味料の素となる醤油だからこそ、いいものを選ぶことがより美味しさと健康のために大切になってきます。本ページでは醤油をベースとしたソースである照り焼きソースについて、美味しく作るヒミツとともにヤマエこだわりの醤油についてご紹介します。

照り焼きソースとは?

日本人にとって馴染みのある”照り焼きソース”。鰤(ぶり)や鶏肉といった魚・肉類に野菜炒めにも使われたり、ハンバーガーなんかにも使われたりしていますよね。実は照り焼きハンバーガーは世界でも日本でのみ販売されているもので、照り焼きソースは日本独自のソースとして他の国ではまだ馴染みがないそうです。
どんな料理にも合い、甘辛さがクセになる照り焼きソースは醤油・料理酒・みりん・砂糖というご家庭にある調味料で簡単に作れます。それぞれ 2 : 2 : 2 : 1 の割合で混ぜ合わせるのが黄金比!一方照り焼きソースはその手軽さゆえに素材にこだわっていない方も多いのではないでしょうか?素材にこだわってみることで、味の深みや香りにも違いが出ることもぜひ知っていただきたいと思います。

ヤマエの醤油でつくる照り焼きソース

醤油の原材料として使われる大豆には「脱脂加工大豆」「輸入丸大豆」「国産丸大豆」の3つがあります。流通する醤油の中でも脱脂加工大豆が占める割合は約81%で、輸入丸大豆は約17%、国産丸大豆は約2%とわずかです。国産丸大豆はタンパク質の割合が高いため、より大豆本来の旨味と香り美味しい醤油をつくることができるのです。

ヤマエ食品は九州特有の甘いお醤油から、製法にこだわり抜いた高級醤油まで幅広く15種類以上ものラインナップを取り揃えております。甘めの照り焼きがお好みであればあまくち醤油を、コクと旨味をふんだんに味わいたい方はこいくち江夏醤油をお選びいただくなど、お好みに合わせてこだわりの醤油をお選びいただくことで、思い描いた味の照り焼きソースを作ることができます。

もしこだわりの照り焼きソースを制作されたい方はこちらからお問い合わせください。

また、ヤマエには一本で甘辛醤油系のおかずはほとんど作ることができる「あまうまだし醤油」という商品がございます。こちら一本でおいしい照り焼きを簡単に作ることができますので、忙しいけど美味しい料理が食べたい時、献立が思いつかない時にも大活躍の商品となっています。 ぜひご家庭でお試しください!

照り焼きソースに使える!
だし醤油のご紹介

あまうまだし醤油

あまうまだし醤油

これ一本で甘辛醤油系のおかずはほとんど作ることができます。
使い方は簡単、味を見ながら少しずつ足していくだけであら不思議!?あっという間に美味しく仕上がります。
きのこの炊き込みご飯豚肉の野菜巻き鶏のから揚げ肉豆腐などのレシピも弊社のホームページにて掲載中(料理名をクリックしてくださいね)。是非お試しください。

うまかぁ~万能だし醤油

うまかぁ~万能だし醤油

「色で判断して味付けをする」をコンセプトに、料理研究家 古川年巳先生監修のもと開発された万能だし醤油です。
「手間を掛けず、手を掛ける」をモットーにしているので、その名の通り誰が作ってもうまかぁ(美味しい)料理が出来ます。
肉じゃが、筑前煮、魚の煮付け、鶏もも肉の照り焼き、焼きそばなど、様々な料理にお使い頂けます。